おばさんの大学生活

アクセスカウンタ

zoom RSS カンニング

<<   作成日時 : 2008/01/20 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前からどうしてもわからないことがあります
それはカンニングです

大分前ですがブログでカンニングをしている人をみると
腹がたつと書きましたら
「カンニングが悪い事は誰でもしっているのだから貴方は貴方で試験を受ければよい」
というお叱りのコメントをいただいたことがあります

しかし私はカンニングをしている人を許すことができません
3年生の試験でも語学の試験でカンニングペーパー
をみている人やひどい人は辞書を持ち込んでいました
(辞書持ち込み不可の試験です)
最近では携帯の辞書を使っている人もいました
私がみていることがわかっても平然としていました
基本書を机の下で見ている人もいました

試験監督が先生一人の時が多いです
先生は後で聞いたらカンニングはご存知でした
試験で単位認定をされるのですから平等ではないと思います
まぁ人間は生まれたときから不平等だと私は考えていますが。

この話を知り合いの教授に話しましたらそこの大学はカンニングを
見つけてもできるだけ穏便にすませてほしいと教務から言われているそうです
カンニングを見つけたら始末書などを書かなくていけないので教務の仕事が増える
からだそうです
これは聞いた話ですので真相はわかりません
またある大学はカンニングを試験監督が見つけたら特別に報酬がでるそうです

私が思ったのはカンニングをしてもできない問題が出題されれ良いのです
基本書 六法 ノート全て持ち込み可でも難しい問題でしたらカンニングなど
どうでもよくなると思います


人気ブログランキングに登録しています。宜しくお願いします
人気blogランキングへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンニング おばさんの大学生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる